ブログ

結婚式二次会の服装について

結婚式二次会の服装についてご紹介します!

友人の結婚式二次会に招待され、単なる飲み会だと思ってかなりラフな服装で参加したら、まわりはかっちりスーツで決めていた...なんてことにならないために!

2次会とはいえ、結婚式二次会という特別なお祝いの席であり、新郎新婦はタキシード・ウェディングドレスを着て入場される場合が多いです。

主役である、新郎新婦よりも派手な装いは控えなくてはなりませんが、清潔感のある、かちっとした服装で参加することをおすすめいたします。

マナーについて(男性編)

結婚式二次会に、何を着ていこうか迷ったら、スーツで参加するのが無難です。

昔なじみの友人が多く参加するパーティーですと、おしゃれにかっこよく決めたいという方も多いのではないでしょうか?

スーツのアレンジ方法としては、胸ポケットにチーフを入れたり、カッターシャツをドレスシャツに替えたりするだけでもかなりオシャレ度をアピールできます。

ベストを着るのもおすすめですが、新郎よりも華美にならないように注意しましょう。

結婚式二次会は、出会いの場でもありますので、印象の良いハイセンスコーデを目指しましょう。

マナーについて(女性編)

女性はワンピースやパーティードレスが基本のスタイルです。

女性の場合は逆に、気合を入れ過ぎて目立ってしまったなんてこともあるかもしれません。

新婦の特権カラーのホワイトを避けるのはもちろんですが、クリームベージュなど光の加減によって白っぽく見える色も避けたほうがよいでしょう。

結婚式二次会に一緒に参加する友人にリサーチをしておくのも良いかもしれませんね。

また、肩の露出は避けた方が良いです。肩の出ているタイプのパーティードレスの場合は、できるだけストールやボレロなどを羽織っておくようにしましょう。

シューズは、ミュールやサンダルなどカジュアルなものや、つま先の出ているデザインは避けるようにしましょう。

その他の気を付けておきたいポイント

2次会の会場はレストランの場合がほとんどで、クロークのご用意がないところも多いです。上着をかけるハンガーラックが、あるのでそちらに預けるのは一般的です。

服装以外に、荷物は出来るだけコンパクトにまとめておく方が良いでしょう。

幹事は配慮が必要!

二次会の会場を選ぶ際に、荷物置き場や上着をかけるハンガーラック等の備品があるかどうかを、事前にチェックしておいた方が良いでしょうか。

二次会の幹事を、二次会代行業者にお願いする場合でも同じことが言えます。特に真冬の時期のゲストの服装は、上着があると思いますので配慮が必要です。

ブログ内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

タグクラウド